ハローワークの求人は安定重視の場合が多い

長期勤続で人材を育成する目的がある

企業カラーに染まってくれる人を探す為

少し、考えれば未経験者よりも中途採用で経験者の採用に力を入れるべきだと思います。
しかし、企業側の本音は違う所にあるようです。
専門的な仕事の場合だと、どうしても経験者と言うのは少ない傾向にあります。
なので、時間はかかりますが、一から仕事を教えて育てるしかないのです。

経験者だと、癖のある考えを持っている人も中にはいるので、歩み寄る事が難しく企業側が採用に躊躇してしまう時もあるのです。
未経験者なら、真っ白な考えを持っている事が多いので仕事の飲み込みも早い事もあります。
もし大量に未経験者の採用をした場合、結束力も高くなる事もあります。
慣れてくれば、新しい仕事に対して自分で学んでいこうとする意志の強さや、コミュニケーション力が身に付くようになり成長が期待されるからです。

仕事に対する熱意や誠意を見ている事もあり

未経験の仕事をしたいと思うのには、人によって様々な理由があると思います。
求人情報誌で未経験と掲載しているのには、企業側の考えも含まれている事もあります。
前の職経験や知識を捨ててまでも応募してきた理由を聞きたい、仕事に対する熱意や覚悟を語れるかを見ているのです。
その為、企業が納得出来る位の理由を語れないといけない場合もあります。

企業側が見ているのは、仕事をどう生かすか、仕事に対してきちんと理解をしているかなどを面接時に見ています。
なので、甘い考えを持っていてはいけない部分もあります。
意外と競争率は激しいようで、それなりの努力をしないと難しい求人でもあります。
求人情報誌に多く掲載されているのには、上記のような理由の場合もあるので注意して見る事が大切です。


TOPへ戻る