他の求人とハローワークの求人に違いはあるの?

ハローワークの求人は安定重視の場合が多い

PICK UP!

優秀な人材を探しやすい

人材不足を補う為には、未経験者よりも即戦力となりすぐに働いてくれる人材を欲しがる企業も多いです。 その為、ハローワークでは知識が豊富で経験者の求人が多いそうです。 仕事の流れも分かっている事も多く、仕事を教える事に時間を費やす事もないので、その分業績アップが狙えます。

PICK UP!

長期勤続で人材を育成する目的がある

ハローワークでの求人の中には、年齢制限を設けている求人もあるようです。 その理由は、キャリア形成の観点から企業側により近い条件を採用する必要があるからだと言われています。 そうした点から、再雇用の求人は少なく、比較的年齢の若い求人が多くなる事もあるようです。

即戦力となる人材を探している事が多いです

ハローワークに出されている求人の多くは、前の記事でも紹介したように、即戦力となる人材を急募している部分もあるのですが、間に仲介人が入る事もあり比較的安全に職を探す事が出来ます。
それに、公的な職業安定所でもあり様々な保険制度が利用出来る事から、安定した正社員の仕事の求人が多く出されている事があります。
今は、ネットでも検索しやすくなった時代でもり、パソコンを通して求職活動が出来るようになりました。
基本的には、企業からの求人は無料で掲載しているのがハローワークでもあり、どんな企業でも申し込む事が出来ます。

その為、安全な企業家どうか一時期問題になりましたが、今ではきちんと審議される事が多くなり、安定重視の仕事を求める人にとって安心出来る所になっています。
仕事に関しても色んな相談に乗ってくれるので、ピッタリの仕事を探す事が出来ます。
細かい所まで検索をかけて仕事を絞る事が出来ます。

ハローワークでの求人が他の求人と違う点は、間に人が入る事と、細かい所まで絞って仕事を探せる点の2つにあると思います。
その為、企業側も優秀な人材を探す事が出来ますし、第三者が入る事で採用すべき人材であるかどうかを判断する事が出来ます。
ハローワークに来る求職者の多くは、安定した仕事を重視している事が多いです。
なので、意外と常識がある人が来るみたいです。
仕事を案内する職員の方も品格がある人物かどうかを判断しやすいそうです。

地元に本社がある企業の求人が多いです

ハローワークは沢山の拠点があり、そこでは様々な分野の求人案内をしています。 ほとんどの求人は、地元がメインの地域密着型の会社が多いそうです。 その為、企業の規模の大きさで言うと小規模単位の企業が多く、転勤もない所がほとんどです。 求人の多くは地域密着型企業の求人が多いのがハローワークです。

TOPへ戻る